最新の肩の痛み情報まとめ

スポーツと肩の関係

肩の痛みはスポーツで増えることもあるので注意

肩の痛みはスポーツで増えることもあるので注意 肩の痛みというのはずっと同じ姿勢でいるデスクワークで発生するようなことも多いですが、それ以外にスポーツが原因で発生するようなこともあります。
スポーツは新陳代謝を良くしますし健康のために良いものではありますが、やりすぎてしまうと自分の体を壊してしまうことにもなるので注意が必要です。
特にスポーツでは良く行う動作でもあるボール投げ、素振り、腕を上げる動作などは肩の痛みに影響するので気を付けましょう。
運動もやりすぎは自分の健康を損なうことになるので管理が必要です。
ですから肩の痛みを感じるようになってしまったらしばらく運動を中断したり肩に負担をかけないようにもすると良いと思われます。
ハードな運動は避け、ストレッチ程度にすると良いです。
また、痛い時はホットタオルで肩を温めて血の循環を良くしたりもしましょう。
血の巡りが良く成れば肩も軽さを感じるでしょう。
肩に負担をかけないように過ごすことで良くなっていくでしょう。
また、肩こりによる痛みであれば揉んだりするのも効果的です。
肩こりは頭痛や疲れにも影響するので、首より上で不調を感じるようになったのであればまずは肩の調子を気に掛けるようにもするのが一番でしょう。

部活などのスポーツで肩の痛みが気なった場合の対処

部活などのスポーツで肩の痛みが気なった場合の対処 部活などでスポーツをしていると体に痛みを感じるケースがあります。
たとえばボールなどを投げる競技をしていた人は、肩の痛みが気になった経験があるでしょう。
少しぐらいであれば放っておいても治ることが多いのは事実です。
しかし、甘く見ていると取り返しが付かなくなるケースもあります。
特にアメリカンフットボールやラグビーといった接触プレイが多い競技では、自覚できる肩の痛みが軽くても、大きな損害を被っている可能性があるので腸注意です。
その代表といえるのは肩の脱臼であり、若い世代の人に起こりやすい傾向が見受けられます。
本来は大きな痛みを伴いますが、アドレナリンの分泌量が多いときはあまり感じないことも珍しくありません。
簡単にいうと、上腕骨と肩甲骨がずれることによって関節が外れてしまっている状態です。
たまたま何かの拍子に治ったとしても、一度病院で診察してもらったほうが安心です。
外れやすい癖が付いてしまっている可能性があるからです。
癖があると少しの力が加わっただけで再発してしまいます。
その症状を改善するには手術が必要になるかもしれません。
自己判断で済まさずに、できるだけ早く医療機関で診察してもらうことを心がけましょう。

肩の情報サイト

肩の痛みを相談する